ゆるり旅春ボタン.jpg

32kober.jpg
2018春受付開始バー.jpg

インタビューボタン.jpg






宮川良.jpg

miyagawa.jpg

柳川の農産物、人と触れ合って

普段はいちごを栽培しています。柳川市には若手のいちご農家も多く、心を込めて育てて、出荷させていただいております。
 ゆるり旅の実施者になったのは、地元洋菓子店さんとのコラボでいちごジェラート作りで携わらさせていただいてからです。
 今回も市内の事業所さんとコラボして、いちごのガレットを美味しくいただきます。柳川でも栽培されている小麦を使った小麦粉を使いますので、柳川の恵み満載です。
 ゆるり旅の魅力は、実施されている柳川の人ではないかなとよく思います。柳川には地元のためにと、熱く語られる方、そしてそれを実施される方が多くいらっしゃいます。そういう方との交流も、ぜひ楽しんでいただきたいと思っています。
 私には、まだ小さな子どもが2人います。子どもが喜ぶ姿は、何事にも代え難いですよね。親子で楽しめる時間を提供できればと、常日頃、考えております。
 物と人と触れ合って柳川を堪能してください。

kogaeiko.jpg

カービングの魅力を伝えたい

普段は病院や事業所にお食事を提供する会社に勤務しています。食べ物を使って人に喜ばれることをしたいと考えて出会ったのが、カービングでした。
 カービングとは、ナイフ一本で果物や野菜に花などを装飾すること。その装飾に感動して、はじめました。師匠に教えてもらい、毎日2時間は練習をしています。おかげさまで、昨年タイで開催されたカービングの世界大会では、銀メダルをいただきました。今後の目標は、世界大会で金メダルをとることです。
 世界大会は開催されてはいますが、まだまだカービングの認知度が低いです。私がカービングに出会ったときの感動や衝撃を一人でも多くの方に味わっていただきたい。それがゆるり旅実施者としての願いです。プログラム実施中は、おしゃべりしながら、楽しく過ごしましょうね。
 ゆるり旅は、柳川の魅力がたくさん詰まっています。
 人の温かさ、そしてゆっくりと時間が流れる柳川に、ぜひお越しくださいませ。





古賀栄子.jpg






DSCN1458.jpg

murakamitakeshi.jpg

医療と観光のコラボを目指して

平成2年に開業した柳川リハビリテーション病院で、日頃、理学療法士として、患者さまの病気や外傷によって生じた様々な障がいの回復をお手伝いしております。また、生活習慣病・介護予防のお手伝いもしております。
 コーディネーターの方に声をかけていただき実施者となりました。以来、秋と春にプログラムを実施しています。
 ゆるり旅として医療と観光をコラボさせるために、私たちは、柳川のリハビリ病院としてできることは何だろうと考え、秋は「健康カフェ」、春は「さげもんめぐりウォーキング」を企画しました。
 柳川の情緒溢れる街並みはまち歩きに最適です。そして、普段から身体のケアとして歩くことは非常に大事なことです。ただ歩くだけではなく、簡単な注意点を踏まえて歩く。それを指導することが私たちにはできます。秋は健康と運動についてですが、春はウォーキングのやり方や負荷量などをお伝えいたします。
 実は私自身、ゆるり旅ファンなんです。毎回子どもと参加しています。届いたガイドブックを開く時のワクワク。いつも楽しみです。

narikiyosatiko.jpg

ゆるり旅は、柳川の宝箱

柳川市の南にある両開地区で春にオープンガーデンを実施しております。庭名「遊夢庭(ゆうむてい)」は、干拓堤防の起伏をいかして、立体的な作りになっています。
 1200㎡の広さに約500種類の植物を植えております。今年は、ゆるり旅プログラムのためにも、たくさんのチューリップを植えていますので、是非、楽しみにお越しください。
 客人に対するおもてなしは常日頃心がけておりますが、ゆるり旅の時は、参加者の皆様とお話しすることを非常に楽しみにしております。ともに楽しいひと時を過ごしましょう。
 ゆるり旅にはいつも感心しております。長年柳川に住んでおりますが、私が知らなかった魅力あるところがたくさん掲載されていますよね。普段から、動いてくださっているコーディネーターさんの「宝探し」の賜物だと思います。
 国民的詩人で多くの素晴らしい作品を世に出した北原白秋先生が育った柳川。情緒あり、自然あり、美味しいものあり、と宝物が詰まった柳川に、どうぞお気軽に遊びに来てください。





成清幸子.jpg